升田の詳細すぎるプロフィール

升田(ますだ)
/29歳・専業アフィリエイター

※最終更新:2019年5月10日

「真剣アフィリエイト」に来ていただき、有難うございます。

育ちは福岡、大学4年間とサラリーマン6年間を関西で過ごし、日本一周をした後に福岡に戻ってきました^^

・副業ながらも、コツコツ頑張ることで8ヵ月目に運よく7桁アフィリエイターに!
・運がいい状態は長く続かずしばらく低迷
・2018年後半からV字復活して2019年1月に再び月300万円突破!
・2019年4月に法人化

という経緯でアフィリエイトに取り組んでいます。

ではでは、自分語りが長すぎる「升田の詳細プロフィール」

いくぜー(`・ω・´)

大学時代~サラリーマン時代

(※写真はイメージだよ)

私は、独立志向が強く、組織の歯車になるのは苦手なタイプ。

サラリーマンは向かないと直感していて、なにか手に職をつけたいと思っていました。

そのため、京大を出たにも関わらず企業をたったの1社も受けずに、理系でまったく蓄積がないのに専門職をめざして法律の世界に飛び込みました。

ただ、勤めながら短期で資格を取ったものの、
「これで独立しても、結局はクライアントに頭下げる仕事じゃね?!」
と感じ、思い描いてた独立とは違うことに気が付きます。

また、夫婦ともに本業に忙殺されたこと(一緒に24時過ぎ帰宅が当たり前になったこと)がきっかけで、「もっと自由で気ままな生活をしたい」と決意。

当時の会社の実質時給が大学時代の塾講バイトと同じ金額であることにも驚愕し、「成果」=「収益」の世界に憧れるなか、面白い出会いが。

週2日で7桁とかぱねぇ!

本業のスキルアップの為に利用していたコワーキングスペースで、ラフでフリーター風な人を発見!

彼は、なんか余裕っぽいオーラを纏ってる。
超カッコいい鞄を持ってる。
なんか法人化の手続きとか進めてる。

カフェスペースで少し話してみると、
「週2~3日の作業で月収7桁?」
「アフィリエイト??」
「ファッ!?!?」
と耳を疑う言葉が。最後のは心の声かw

でも、目の前のチャラい兄ちゃんは確かに稼いでて、その証拠(ASPの管理画面)とかも見せてくれた。
怪しいけど、本当の話かも。。
なんだか、気持ちがざわつく。。。

半信半疑で一旦はアフィリのことを忘れてたものの、本業の方でツライこともあり、7桁兄ちゃんとアフィリのことを思い出す。
よくよく詳しく調べてみると、アフィリエイトのビジネスモデルは素晴らしいと実感!!

とゆーか、大学時代に自主的週休5日制を採用して、週に2日しか学校行かなかったワタクシ。
それでも、稼ぎながら仕送り無しで生活し、サークルも謳歌して、友人達と馬鹿な事やったり、一方で真面目に研究したりしてストレートで卒業した。

「そうだ。
俺はルール重視の会社勤めよりも、成果重視のアフィリの方が向いてるはずや!!」

って思い出す(思い込む?)。

そんなこんなで、アフィリ参入を決意。

妻への説得

俺は、アフィリをやる気満々マン!

とはいえ、結婚してるので妻の理解は必須
応援してもらえないと力を発揮できない野郎なので、なんとか理解を得たいと思って熱弁。

「ネットビジネスってなんか怪しいけど、実際に稼いでる人多いみたい」
「実はこの前、週休5日の月7桁マンに会ったんだ」
「ビジネスモデルもあーでこーで凄そう」
「投資や勉強して参入したいから、100万円を家のお金から使いたい」
「それで駄目ならスッパリ辞めるし、挑戦させてくれ!」


このセリフ、声に出してもらっていいすか?

いま思えば、情弱狩りにあってる奴ですよね。

カモられ臭がぷんぷんw

 

でも、奇跡的に妻からアフィリ参入OKの許可をもらい、2016年9月からアフィリエイトを開始しました^^

いつも応援してくれるけん、ばっちり成果だせとうよ!

有難う!

アフィリを開始してからの苦難は?

これを書き出すと10万文字オーバーになっちゃうので、気になる方はブログを1記事目から読んでみてください。

稼ぎ0円の時から7桁突破後も毎週書いてる(途中からは月1更新で書いてる)ので、アフィリで稼ぐ為のヒントは沢山あると思います。

・初めのほう文章読みにくすぎワロタ
・途中から画像挿入とかマーカー装飾とかを覚える
・2,000円くらいの初報酬なのに、嬉しすぎて2万円くらい使って妻と豪華飯
・稼ぎ始めてから調子に乗りすぎ
・本業が忙しくて鬱期に
・試行錯誤が当たって報酬爆発
・さらに調子に乗る(先生気分になる)
・井の中の蛙であることに気づく
・ちょっとマイルドな文章に

って流れも見て取れますね。

昔書いた文章を見ると、ダサいし、調子乗ってて恥ずかしいです。

が、それはそれで残す価値あるかな(本音:修正めんどくさいな)と思ってるので、そのままにしてあります。

アクセス解析見てると、毎日1人くらいは1記事目からの一気見読者(人はそれを変態と呼ぶ)がいて、その数値によると半日くらいで一気に読めるようです。

よければ是非是非(/・ω・)/

親父について思うこと

またも自分語りになっちゃいますが、自分の親父は若年性の認知症になったんです。

高校までは実家の福岡で過ごし、大学時代から京都に出てきて、大阪で勤め始めた自分。

「働き始めたら、父と一緒に飲みたいな」
「仕事で感じる嬉しいことも悲しいことも相談して、叱咤激励してほしいな」
「旅行に連れて行ったりして、恩返ししたいな」
「結婚の晴れ姿とか自分の子供とか見せて、喜んでほしいな」

と考えてました。

 

父のことは本当に大好きだし、尊敬してます。

だけど、自分が勤め始めたときには、ちゃんとした会話も難しくなってました。

四男の私が大学でるまでは、と定年後も頑張って働いてくれてた父。
これから恩返し、というタイミングの認知症。

仕事中でも夜中でも関係なく父からかかってくる電話。
その電話にでると、「おぉ。元気か。仕事頑張るんやぞ。」と言葉数少なく喜ぶ父。
ある日から、こちらが電話にでても無言の父。
またある日から、電話がかかってこなくなりました。

 

大切な人が認知症で弱っていく過程を見るのは、なんとも言えない虚しさです。

もちろん、できるだけ頻繁に帰省して顔を見せたりしてましたが、それでも働き始めてから父と“会話”をしたのは10回もないと思います。

「なんとか、親父が私を息子と覚えてるうちに結婚式を挙げて晴れ姿を見せたい」と思い、当時の彼女(いまの妻)にプロポーズ。

妻にとっては失礼なタイミングだったかも。
でも、快諾してくれて、「その事情ならすぐに式を挙げよう」と言ってくれた妻には感謝。
最高の妻です。

おぉっ、やばい!
プロフィール文章を書きながら泣くことになるとは思わんかったぜ!!

(…小休止…)

そして、先日父が亡くなり、最後のお別れをすることになりました。

 

父への感情を言語化するのは難しいんですが、なんとゆーか、「本当の意味での幸せって何だろう」とか、「働いて幸せな家庭を築いてだけじゃ人生短すぎるな」とか、考え始めるようになったんです。

もちろん、サラリーマンとして、会社に貢献して家族も養ってる方はすごく立派です。
安定する生活を確保して、多少の苦労も歯を食いしばって耐え抜く姿は尊敬します。

ツイッターとかブログとか見てると、フリーランスの方はサラリーマンの歯車的な生き方を悪く言う方も多いですが、私は美徳だと思っています。
平成生まれですが、昭和な考え方かも。

ただ一方で、父の病気や死をきっかけに、「自分にはその生き方は出来ないなぁ」と感じるようになりました。

楽しいと思えない仕事を40~50年歯を食いしばって過ごすのはツラすぎて耐えられないなと。

 

尊敬するオヤジが若いのに弱っていくのを目の当たりして、「定年まで我慢し続けるのはいやだ」「不安定でも若いうちからやりたい事に挑戦していきたい」という思いが強くなったんです。

サラリーマン生活を頑張れる方は素晴らしいと思う一方で、刹那的でありながらも“将来”より“いま”に重点を置いた生き方に魅力を感じるようになったんですね。

そして、私はアフィリエイト専業になることを選びました。

サラリーマンをやめてアフィリエイト専業へ

専業になる時の心境は、まさしくこの写真のようなイメージ。

「めっちゃ嬉しい!」
「これからワクワクだ!」
「でも下手に落ちたら死ぬやんw」

って感じですね。

京大を出て、最難関の法律資格も手に入れて、そのままいれば年収1000万円は手堅い会社にいたのに、学歴も資格も職歴も全部捨てました。

そして、何もかも手放した状態で、副業時代よりも超本気でアフィリエイトに挑戦しました!!

 

これは、専業アフィリを1年間やった際のツイート。

このツイートで書いた通り、アフィリ専業で1年頑張った結果、

・サリーマン時代の5〜10倍の収入
・いつでもどこでも行ける時間的自由
・どうしようもない不安

の3つを手に入れることになりました。

 

本当は今以上に安定感をだして、不安を払拭したいところなのですが、アフィリエイトで安定収益を作るのはかなり難しいです。

例えばですが、アフィリで月50万円稼ぎたい人がいたとしても「1年間毎月50万円ぴったり稼ぐ」というのはまず無理で、「毎月30万円〜100万円稼いで平均したら月50万円以上稼いでる」という戦略のほうが現実的です。

なので、アフィリエイトで安定を目指すには、「調子が悪い月でも最低○万円稼げる」という底上げ戦略が大切になると思っています。

 

私自身は売上が良い月と悪い月の差が激しく、まだ安定させることができていません。ここは今後の課題ですね。

ひとまず今は、「どんなに調子悪くても月200万円以上稼ぐ。調子が良い月は月500万円稼ぐ」という収益の底上げを目指して頑張っています(`・ω・´)

これができたら、いよいよ法人化っすね。

 

※2019年5月10日追記※

上記のように最低でも月200万円、調子がいい時は月500万円を稼げるようになったので、2019年4月に法人化しました^^

 

 

ただ、法人化した後に言うのもなんですが、「アフィリLOVE」「生まれ変わってもアフィリエイターになる」という思想は全くないんですよね。

なので、5年後は別のことをやってると思います。

 

「毎日の頑張りが成果になってる!」
「仕事が楽しい!」
「時間もお金も自由!」
「なんにでも積極的に挑戦できる!」
「いま死んでも俺は幸せだ!」

っていう感じで生きることができれば、正直どんな仕事でもOKっす^^

 

面白そうな事にはどんどん挑戦するし、逆につまらなく感じたら無理せずその仕事からも離れて人生を楽しくする方に動く。

そうして、多少不安定であっても、毎日を笑顔で過ごしたいですね^^

 

アフィリ以外の仕事をするなら、、、?

自分自身のアフィリエイト収益アップ以外に何か仕事をやるとしたら、

・社会人の方にアフィリを教える
・学生に受験勉強を教える
・大学で起業について教える

といった「教える系」の事業に力を入れていきたいです。

 

心の底から人に何かを教えるのが楽しいし、これまでの経験上、受験生の教え子もアフィリの教え子も軒並み成果をだしています。

なので、自己満足度からいっても客観的指標からいっても私は「先生」が天職だと感じています。

 

ただ、いま現在も社会人の方にアフィリを教えたり高校生に受験勉強を教えたりはしているのですが、自分自身のアフィリエイト作業をやった方が断然稼げるので、収益面を考えると教える系の事業を拡大できない状況になっています。

本当にやりたいことは教えることなんですが、食っていくことを考えると収益性の高いアフィリ事業もすごく大切なんですよね。

 

なので、今後、教える系に本腰をいれていくには、

(1)今まで以上に教える際の単価を高くして、教える事業で収益化を狙う
(2)今まで以上にアフィリ収益で稼いで、教える事業は収益性よりもやりがい重視で行う

の二択になると思います。

いずれにしても、今すぐ出来ることじゃないので、徐々に準備しながら教える系の比重を増やしていきたいっすね^^

 

余談ですが、「アフィリを教えるなら先生本人が稼いでなきゃだめだ(稼いでる人が先生するならOK)」「東大指導をするなら先生が現役東大合格してなきゃダメだ(東大一発合格した人が先生するならOK)」といった風潮がありますが、これは論理的におかしな考え方だと思ってます。

 

先生のステータスなんて、おまけなんですよね。

「教えるからには生徒が結果を出さなきゃダメだ」というのが、先生に求められる本来的な資質だと思います。

「生徒がアフィリで目標金額を稼げるようになったか」「生徒が第一志望の大学に受かったか」といった本質部分に着目して本気で先生をやっていきたいですね。

大学で先生をやるのも夢なので、いまの仕事を軌道に乗せることができたら、教える系にも今まで以上に注力していきたいっす(`・ω・´)

というわけで、2019年の目標

■2019年の目標
・絶対に月500万円稼ぐ!達成済み
・教え子全員稼がせる!
・法人化してスタッフを安心させる!達成済み
・妻とモルジブ行ったり、友達と自転車で北海道縦断したり、めちゃくちゃ遊ぶ!
・70kg以下までダイエットする!

自分で立てた目標くらい、なんとしても突破せんと男がすたるで!

絶対に目標突破してみせるんじゃい(`・ω・´)

最後に

めちゃくそ長いプロフィールを、最後まで読んでくれて(´▽`)アリガト!

「つーか、プロフィールらしいこと書いて無くね?」って思ったので、よくある「好きなの」とか「嫌いなの」とかも載せとくぜ!

ではまた!!

 

■好きなの
・麻雀、カタン、人狼、TRPG、MTG(運要素のある頭脳戦全般)
・飲み会
・旅行
一緒に温泉旅行いって、飲みながら麻雀しましょう!

 

■嫌いなの
・盆面が悪い奴(負けた時とか上手くいかない時にウダウダ言うやつ)
・節操がない奴
・義理人情がない奴
山〇組にでもいって、根性を鍛えなおしてもらいましょう!

 

■仕事について思うこと
これな!

コメントは受け付けていません。